糸川桜まつり後も「あたみ桜」満開、急きょライトアップを延長

1月8日に開幕した「あたみ桜糸川桜まつり」が2月6日、全日程を終了し、閉幕した。今年はあたみ桜の開花がほぼ例年通りだったが、1月下旬から冷え込みが続いたことで開花のペースが落ち、見頃が長く続いている。
一部で散り始めている木もあるが、現時点でも満開(開花度9•34度)のため、熱海市観光協会は今週末の13日までライトアップを延長することを決めた。時間は午後4時半~午後11時。
新型コロナの感染拡大の影響で外出を控える動きが続き、例年より人通りは少ないが、最終日も感染対策をとりながら、静かに花見を楽しむ人たちの姿が見られた。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る