熱海国際映画祭 市相手の150万円返還訴訟、二審も認めず原告の控訴棄却

2018年の第1回熱海国際映画祭の運営に協力した実行委員会関係者の女性が、熱海市を相手取り、実行委員会に拠出した150万円の預託金返還を求めた訴訟の控訴審判決が2月9日、東京高裁で言い渡され、一審判決を支持し、控訴を棄却した。
熱海市は「実行委員会の業務に関して発生したとされる債務について、熱海市が支払い義務を負う余地はないという本市の主張が一審同様に認められたものと考えている。今後とも適切な行政運営に努めていく」とコメントした。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る