土石流被災で所有者不明の車両49台 熱海市、引き取りの申し出を

昨年7月の熱海市伊豆山の土石流災害では、多くの車が土砂に埋まり、被災現場から搬出した。被災車両の処分は原則、所有者が行うことになっているが、損傷が激しくナンバーや車台番号が不明の車両も多く、2月17日現在、熱海市は市内笹尻下仮置き場にバイクも含め、計49台(破損車両31台、オートバイ18台)を一時保管している。
市は8月2日まで所有者(所有者が死亡している場合は相続人)から申し出がなかった場合、車両を公費で処分する。市は車両の特徴を公表し、所有者に引き取りの申し出を呼びかけている。
(熱海ネット新聞)
■問い合わせ 熱海市環境センター 0557ー82ー1153へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る