2月定例会で市長が施政方針 オール熱海で伊豆山復旧復興とコロナ対策

熱海市議会2月定例会が2月22日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「伊豆山土石流災害からの復興と長期化するコロナ禍を乗り越えていく年」と位置付け、「大規模土石流に見舞われた伊豆山地区復旧復興に全力を挙げるとともに、市内経済の再生に向けた新型コロナウイルス対策に注力する」と述べた。
2006年の市長就任以来、財政再建、観光振興、教育・福祉施策の充実、住民生活の向上を柱としてきたが、今年度は方向を大きく転換させた。

伊豆山土石流の復旧復興は、住民の声を聞きながら「復興まちづくり計画」を策定し、被災者見守り・相談支援、逢初川沿い市道再整備、用地購入、 災害廃棄物、土砂の処理、災害派遣職員の確保ーーなどに取り組む。
コロナ禍対応には、予防接種経費と自宅療養者等への支援、生活困窮者自立支援、経済対策を盛り込んだ。

また、今後の経済対応は、個人向けに行なってきた従来の観光プロモーションに企業を加え、ワーケーションを推進。中京や関西圏からの誘客に取り組み、土石流対応で中断していたDMO構築や宿泊税投入の協議も再開する。
「熱海は歴史の中でもまれなる苦境を迎えている。熱海に関わる全ての人が一致団結し、オール熱海の態勢でなければ、この難局を乗り越えられない。その先頭に立ち、一歩一歩前へ進んでいく」と述べた。
(熱海ネット新聞)

20220222【令和4年度 施政方針】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る