アイドル梅「思いのまま」見頃に 熱海梅園の主役、遅咲き種にリレー

「梅まつり」(〜3月6日)の最終週を迎えた熱海梅園で、アイドル梅「思いのまま」が見頃を迎え、最終章に入った。同梅園には、60品種、469本が植えられている。早咲き、中咲き、遅咲きの梅の花が“リレー”のように開花するのが特徴だ。
「思いのまま」は1本の木に紅梅と白梅が混在して咲く珍しい遅咲き種。育てている人の希望などまるで気にせず思いのままに咲き分けるのでその名がついた。1輪の中にピンク色の花びらが混じったりして毎年姿を変え、「輪違い」の名もある。熱海梅園には6本植えられ、人気が高い。

現在は早咲き種、中咲き種とも7分咲きが続き、遅咲き種も2・5分咲きに。最初に咲いた早咲き種の冬至梅の一部で見頃が続くなど全体の開花度は6•6分咲き。2月が厳しい寒さが続いたため、ベストシーズンがややずれ、多くの観梅客が訪れている。天候にもよるが全体の見頃は3月中旬ごろまで楽しめる。
(熱海ネット新聞)
写真=2月28日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る