熱海市の願い届く 危険な盛り土、全国一律で規制へ 政府が閣議決定

熱海市伊豆山で昨年7月に起きた土石流被害を受け、政府は3月1日、盛り土の安全対策を強化する「宅地造成等規制法」の改正案を閣議決定した。盛り土を知事の許可制とし、無許可造成や是正命令違反をした法人に最高3億円の罰金。個人には最大で3年以下の懲役、または1千万円以下の罰金を科すなど厳罰化する。2024年度の施行を目指す。
盛り土は場所によって適用される法律が異なり、規制が緩い所で危険な造成が行われるケースが多く、熱海市では、不適切に造成された盛り土が被害を拡大したとされる。
昨年の土石流災害以降、国に対し、盛土の全国一律の規制を訴え続けてきた齋藤栄市長は「今回、ようやくこうした具体的な形で進捗が見られるのは望ましいこと。この法案が早く成立し、全国的に問題となっている違法盛土への対応が進むことを期待している」とコメントした。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る