ピンク一色、渚親水公園の大寒桜が満開 首都圏から卒業旅行の若者らが漫喫

穏やかな春の日差しが続く熱海市の渚親水公園市営駐車場で、19本の大寒桜(おおかんざくら)が満開を迎え、ピンク一色に染まった。東京と神奈川、埼玉、静岡など18都道府県では、新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が続く。しかし、感染者が減少傾向にあることから、卒業旅行のグループ観光客が増えている。
マスク着用や密集に気を付けるなどの感染対策した上で、桜が見下ろせるスカイデッキやレインボーデッキではウオーキングしたり、熱海サンビーチの砂浜を散歩するなどして春景色を楽しんでいる。
(熱海ネット新聞)
写真=3月8日撮影

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る