伊豆山神社例大祭 厄年奉賛会が市長訪問 コロナ禍と土石流で今年も神事だけ

伊豆山神社の例大祭(4月14日-16日)が1カ月。今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「伊豆山絆一志會(きずないっしんかい)」の役員が3月14日、熱海市役所に齊藤栄市長を表敬訪問した。趣意書を手渡し、「昨年7月に未曾有の土石流災害が発生し、多くの氏子町内のかたが被災された。我々会員一同、伊豆山のため、志を1つにご奉仕させていただきます」と意気込みを語った。
今年度の会員は男子14人、女子15人。杉山一会長、池谷拓也、髙橋庄太朗副会長、小野隆規則運営本部長など役員7人が代表して訪れ、顧問の高橋幸雄市議が同席した。
コロナ禍と土石流の復興工事などに配慮し、今年の例大祭も神事だけを斎行し、神輿渡御は中止する。会員が17日に神社境内で御鳳輦神輿を担ぐ。
市長は「伊豆山を一つにするには、お祭りは欠かせない。コロナと未曾有の災害が重なり、制約や苦労も多いと思いますが、成功を祈っている」と激励した。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る