市議会 一般会計予算の付帯決議案を可決 ブルネイ関係の業務委託料執行に条件

熱海市議会は3月16日、2月定例会最終本会議を開き、2022年度熱海市一般会計予算に対する付帯決議案を可決した。付帯決議案では、市が東京五輪のホストタウンとなったブルネイとの経済交流などを通じて外国人観光客誘客につなげようと盛り込んだ業務委託料500万円をについて「議会側と十分協議をした上で執行するよう」市に求めた。
このホストタウン関係費500万円を巡っては、11日の観光建設公営企業委員会でコロナ禍と土石流災害に伴う膨大な損失を踏まえ、「今は即効性のある施策を優先させ、予算は市民救済に割くべきだ」の意見が多く、賛成少数で否決した。
最終本会議の採決では、このホストタウン関係費を含めた一般会計予算案は賛成多数で可決されたが、杉山利勝氏が「動議」の声を上げ、執行に条件を設けた付帯決議案(田中秀宝、赤尾光一、越村修、竹部隆、川口健、杉山利勝、高橋幸雄、稲村千尋各氏の連盟)を上程した。その後の採決では、賛成、反対が同数となり、議長採決(越村修氏)で可決した。
2022年度一般会計当初予算は前年度比9・2%増の196億5400万円。大規模土石流に見舞われた伊豆山地区の復旧復興と、地域経済に大打撃を与えている新型コロナ禍対策に重点を置いて編成した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る