2022年公示地価 熱海銀座で5・7%増、県内商業地で上昇率トップ

う国土交通省は3月22日、1月1日現在の公示地価を発表した。静岡県内32市町672調査地点の商業地すべての平均価格は14万6200円で、去年に比べて0.8%減少した。コロナ禍の影響で2年連続の下落。
熱海市の平均変動率は2•6%増で長泉町に次ぐ上昇率2位。地点別では5・2%上昇(16万3000円)した市内銀座町5−9が県内トップだった。熱海駅前の田原本町やほど近い咲見町では約20万円の取引があるなど、供給物件の不足状況が続いている。
一方、県内の住宅地すべての平均価格は7万1700円で0•8%減少。熱海市は横ばい(0•0%)ながらも長泉町に次ぐ2位だった。熱海駅近くの春日町11―13が1•9%(9万8300円)増え、上昇率で県内9位。コロナ禍に伴い、在宅勤務向きの中古マンションや別荘の人気が高い。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る