名物の「桜のトンネル」が“開通“ 西熱海分譲地「さくら通り」

熱海市の別荘地、西熱海分譲地(総区画数490、総棟数278)の「さくら通り」でソメイヨシノが満開となり、名物の「桜のトンネル」が“開通“した。道路の両脇に植えられた130本ほどのソメイヨシノがトンネルのように続き、「トンネル桜」の名で親しまれている。
「さくら通り」はおよそ200メートルと300メートルの通りがTの字に交差しており、東京五輪が開催された1964年(昭和39年)頃に植栽された。2度目の東京五輪も昨年終え、58年にわたって住民の目を楽しませている。
同分譲地はJR来宮駅まで車で約5分。市街地へのアクセスがよく、西熱海ゴルフコース、熱海梅園が近いことから永住帯数も110ほどある。区画によっては相模湾・大島・初島・熱海市街が見渡せる。
(熱海ネット新聞)
撮影=4月5日

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る