難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をできていなかった」などとして過去の県と熱海市の対応は「失敗だった」とする最終報告書をまとめたことを受け、難波喬司副知事は5月17日、「市と連携して対応したが、結果として甚大な災害が発生した。行政対応の不十分さを深く反省する」と陳謝した。報告書の指摘を受け入れ、「異論はない」として責任の一端を認めた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

ページ上部へ戻る