熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品種、469本の梅の木が植えられ、そのうち梅干しなどに使える実梅は「長束(なつか)」や「白加賀(しろかが)」「林州(りんしゅう)」など128本。市職員や造園業者らが木の下でビニールシートを広げ、長さ4メートルの竹の棒で枝を揺すって落下した直径3センチほどの青い実を受け止めた。
採取した実は市内の業者へ販売し、梅干しや梅まんじゅうなどの商品づくりに活用してもらう。今年は豊作で約800キロを収穫した。
(熱海ネット新聞)


【最近10年の収穫量】 △13年(520㌔)▼14年(420㌔)△15年(630㌔)▼16年(120㌔)△17年(885㌔)▼18年(810㌔)▼19年(159㌔)▼20年(135㌔)△21年(885㌔超)△22年(800キロ)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る