世界救世教に紺綬褒章 伊豆山土石流で3千万円寄付 熱海市役所で伝達式

春の褒章の伝達式が6月13日、熱海市役所であり、齋藤栄市長が世界救世教(本部•熱海市桃山町)に紺綬褒章を手渡した。紺綬褒章は、公益のために私財を寄付した個人や団体に贈られる国の褒賞制度。同教団は昨年7月26日、市に3千万円を寄付。被災者支援などに活用された。
褒状を受け取った長澤好之代表役員は「お亡くなりになられた方も1日も早い地域の復興、防災を望んでおられると思う。その一助となれば…。褒章をいただけたことにたいへん驚いている」と話した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る