世界救世教に紺綬褒章 伊豆山土石流で3千万円寄付 熱海市役所で伝達式

春の褒章の伝達式が6月13日、熱海市役所であり、齋藤栄市長が世界救世教(本部•熱海市桃山町)に紺綬褒章を手渡した。紺綬褒章は、公益のために私財を寄付した個人や団体に贈られる国の褒賞制度。同教団は昨年7月26日、市に3千万円を寄付。被災者支援などに活用された。
褒状を受け取った長澤好之代表役員は「お亡くなりになられた方も1日も早い地域の復興、防災を望んでおられると思う。その一助となれば…。褒章をいただけたことにたいへん驚いている」と話した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-5-29

    温泉浴び、勇壮な練り 泉公園でクライマックス 湯かけまつり

    温泉に感謝を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける「湯かけまつり」が5月27日夜、湯河原…
  2. 2023-5-23

    第84代議長に川口健氏を選出、副議長は金森和道氏 熱海市議会

    熱海市議会は6月22日、臨時会を開き、第84代議長に川口健氏(55、熱海成風会)、第85代副議長に金…
  3. 2023-5-22

    熱海海上花火大会 5千人観衆の大半がノーマスク コロナ禍前の日常戻る

    熱海市の熱海湾で5月21日夜、熱海海上花火大会(市ホテル旅館協同組合連合会主催)が行われた。観衆…
  4. 2023-5-21

    マンション入居者と市民が交流「スプリングマーケット」4年ぶりに復活

    高齢者専用マンション「中銀ライフケア」を運営する中銀インテグレーションは5月20日、熱海市・…
ページ上部へ戻る