熱海こがし祭り「山車コンクール」 参加10町内の「山車名称」決定

来宮神社例大祭の一環として行われる熱海こがし祭り「第54回山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主催)に参加する10町内(装飾5、木彫り5)の山車の名称が決まった。例年は「木彫り」「装飾」の2部門で優勝を競うが、今年は一括で審査する。開催時間は15日(金)が午後6時半〜9時半、16日(土)は午後6時半〜9時。銀座通りやハンディ前、旧長崎屋などからお宮の松付近の審査会場に向かい、Uターンして各町内に戻る。この時間帯はホテル大野屋〜お宮の松市営駐車場間の国道135号と周辺が通行止めになる。
新型コロナウイルスの影響で3年ぶりに開催する2022年の参加は、感染の不安と少子化で担い手の子どもを確保できない町内が多く、19年より22町内少ない10町内。各町内の山車の名称は下記の通り。
このほか、エントリーは見合わせたが、咲見町(木彫り)は両日とも午後5時〜午後6時半に地元町内に限って木彫り山車「神武天皇」を引き廻す。
(熱海ネット新聞)

【装飾の部・5町内】
銀座町(Don’t Cry For Me Atami)
西山町(3年ぶりだよ!“together”しようぜ‼︎〜みんなと共に西山町)
浜町(いくぜ濱町‼︎サクラ大作戦2022)
友楽町(友楽提灯 大暴れ!)
和田山町(復活のこがし!星のカービィ Go to アタミ!)
【木彫りの部・5町内】
清水町(リニューアル清水町の山車)
下天神町(待ちに待った祭りの夜明け!2日間だけお願いやらせて‼︎)
田原本町(木彫りの七福神)
天神町(継承矛先)
東田原町(東田原2022)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る