西山町、江原啓之さんの「鈴の音」パワーで優勝 熱海•山車コンクール 

今年で54回目を迎えた伝統の「熱海こがし祭り山車コンクール」が7月15日夜、熱海市中心街の国道135号で始まり、初日の審査会で西山町の「3年ぶりだよ!“together”しようぜ‼︎〜みんなと共に西山町」の優勝が決まった。準優勝は和田山町の「復活のこがし!星のカービィ Go to アタミ!」、3位は田原本町の「木彫りの七福神」だった。
コロナ禍で3年ぶりの開催となった今回は、感染の不安で担い手や囃子手の子どもを確保できない町内が多く、通常の33町内より少ない10町内(銀座町、西山町、浜町、友楽町、和田山町(装飾)と清水町、下天神町、田原本町、天神町、東田原町(木彫り)で実施した。今年は木彫りの部と装飾の部の区別を取り払って、総合的に審査した。

優勝した西山町は、当初参加が危ぶまれたが、町内会役員が1日限りの特別枠を設け、社会福祉法人陽光の園と静岡日本平ロータリークラブに引き手を手伝ってもらい、参加町内最大級の120人の陣容で参加。西山町在住のスピリチュアリスト江原啓之さんも屋台の上で「鈴の音」を鳴らし、幸運を引き寄せた。また下天神町と旭町2丁目は、共同で下天神町の山車を引き、屋台に両町内の旗を掲げるなどして5位に入賞した。
初日は時おり、細かい雨が降るなか、7000人(主催者発表)の市民や観光客が沿道に繰り出し、趣向を凝らした電球や提灯などを施した装飾山車や伝統的な木彫り山車を見守った。最終日の16日夜も山車の引き回しを行い、若衆や子どもたちの威勢のいい掛け声と共に「熱海囃子」「屋台」「馬鹿囃子」などの祭り囃子が市内に響き渡る。
(熱海ネット新聞)

【第54回こがし祭り•山車コンクール審査結果】
優 勝 西山町(3年ぶりだよ!“together”しようぜ‼︎〜みんなと共に西山町)=装飾
準優勝 和田山町(復活のこがし!星のカービィ Go to アタミ!)=装飾
第3位 田原本町(木彫りの七福神)=木彫り
第4位 清水町(リニューアル清水町の山車)=木彫り
第5位 下天神町(待ちに待った祭りの夜明け!2日間だけお願いやらせて‼︎)=木彫り
第6位 銀座町(Don’t Cry For Me Atami)=装飾
第7位 浜町(いくぜ濱町‼︎サクラ大作戦2022)=装飾
第8位 東田原町(東田原2022)=木彫り
第9位 天神町(継承矛先)=木彫り
第10位 友楽町(友楽提灯 大暴れ!)=装飾

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る