コンクール前回優勝の咲見町、あえて町内引き廻しに転じた舞台裏

前回、2019年の「熱海こがし祭り山車コンクール」の木彫り部で優勝し、「キリン一番搾り賞」を獲得したのが咲見町(小松早苗祭典委員長)。しかし、今回はあえて出場を見合わせた。協議の末、コンテスト会場の中心市街地の国道135号には繰り出さず、地元町内に限って山車を引き廻す異例の措置をとった。
熱海市は坂道が多い上、木彫り山車は重量が重い(約10トン)。本番のない年が2年続いたことから、ブレーキなどの点検は十分実施したが、今年は準備期間にあて来年から復帰することを決めたという。
山車コンクールはコロナ禍の影響で3年ぶりの開催となったが、出場町内は前回より12町少ない10町内会。感染不安などで担い手の確保が困難なことが背景にあるが、咲見町のように大事を取った町内も多い。
一方で祭典委員会は、今年も本番がないと「太鼓を経験しない年代が増えて、引き継ぎが途絶えてしまう」と子どもたちの「祭り離れ」を危惧。今年は「囃し方」と呼ばれる町内の指導者の下で、来宮神社例大祭の2週間前から太鼓の練習を続けてきた。「しっかり練習して山車に乗りたい」という子どもたち希望に沿い、町内巡行という形で落ち着いた。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る