伊豆湯河原温泉•納涼花火大会 熱海•泉公園で勇壮に遠州手筒花火

 

熱海市泉の泉公園で7月23日夜、「伊豆湯河原温泉納涼花火大会」が開催された。新型コロナウイルスの影響で7月に開催されるのは3年ぶり。恒例の地元•泉太鼓保存会の太鼓の演奏で始まり、静岡県湖西市の遠州手筒花火保存会が約100本の手筒花火で炎のパフォーマンスを披露し、20分わたって夜空を焦がした。
その後、スターマインなど2500発が打ち上げられ、多くの伊豆湯河原温泉と湯河原温泉の宿泊客、地域住民らが夏の風物詩を楽しんだ。コロナ第8波の勢いが増していることから見物客にマスク着用とソーシャルディスタンスの確保を呼びかけて実施。市街打ち上げのため、市消防本部と市消防団の団員が待機して警戒した。
(熱海ネット新聞)
■主催 伊豆湯河原温泉観光協会・伊豆湯河原温泉旅館協同組合

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る