3年ぶり開催 8月4日の初島・熱海間団体競泳大会、出場25チーム発表

初島・熱海間団体競泳大会の実行委員会(熱海市、熱海市体育協会で構成)は7月26日、毎年8月4日に開く「初島・熱海間団体競泳大会」の参加チームを発表した。新型コロナウイルスなどの影響で3年ぶりに開く今年の75回大会は、25チーム(神奈川9、東京7、埼玉3、千葉2、静岡2、愛知、山梨各1)が出場。県内からは静岡商業高校と唯一の中学生チーム「熱海桜ヶ丘スイミングクラブ」がエントリーした。3連覇中(通算優勝9回)の伊東高校は出場しない。
レースは4日正午に初島港をスタート。各チーム泳者3人の団体戦で12キロ先の熱海サンビーチを目指す。30チームが出場した前回2019年大会の優勝タイムは2時間9分5秒だった。
同団体競泳は、大正15年に始まり、熱海の夏の風物詩として全国的に知られている。今年はコロナ感染拡大防止のため、表彰式と閉会式は行わない。賞状等は郵送する。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る