熱海サンビーチの海水浴客9万3695人 コロナ禍前の7割まで回復

熱海市は9月1日、今夏の市内3海水浴場(7月9日〜8月28日、51日間)の利用者数を公表した。熱海サンビーチはトータル9万3695人でコロナ禍前の2019年の13万4700人と比較して約69・5%(4万1005人減少)だった。利用のピークはお盆休み期間中の8月14日(日)の9000人。延べ人数の1日当たりの平均は約1837人だった。今年は3年ぶり行動制限ないお盆休みとなり、熱海市街は観光客で混雑したが、海のレジャー客の回復は遅れている。

長浜海水浴場の今夏の利用者は2万134人で2019年比で76%(1049人減)。網代温泉海水浴場は3335人で2019年比で78・7%(5438人減)だった。
2020年はコロナ禍の影響で開設期間を短縮。21年は伊豆山土石流に伴う、流木流入の影響で市内3海水浴場の開設を見送った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る