鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始まった。昨年と一昨年は新型コロナウイルス禍の影響で開かれなかったため、開催は3年ぶり。市内外の鉄道ファンが全周13メートルと8メートルのレールを快走する特急電車や貨物列車を観て親しんだ。
鉄道愛好家の「熱海鉄道同好会」(森下暢紀会長)が約1000個のジオラマを組み立て、熱海の風景を再現した。模型車両の持ち込み運転や体験運転もできる。会場では、今回は鉄道開業150年を記念し、熱海を走った新旧の車両も用意。写真展も開かれている。27日まで。時間は午前10時から午後4時。入場無料。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る