【編集室】「ツバメ」お手柄、カラスの襲撃からカルガモ救う

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スワ、危ない ツバメがスクランブル発進
航空自衛隊も顔負けのお手柄だ。21日朝、初川下流の初川橋付近でカルガモ母子がカラスに襲撃されたが、すんでのところで未遂に終わる事件があった。母子を救ったのは川沿いにある旅荘天城の駐車場に巣作り中のツバメ。見回りを続けている近隣住民によると、カラスが子ガモに狙いをつけ、急降下してくると初川橋上の電線に止まっていたツバメが高性能戦闘機よろしくスクランブル発進し、カラスに突進。獰猛なカラスも、大谷翔平投手(日本ハム)ばりの160キロのスピードで突進され、激突寸前に鋭く曲がるツバメ返しに遭い、ほうほうのていで逃げ出したという。このツバメのお手柄で母子にけがはなく、すんでのところで鳥命が救われた。
5日前には2ヒナがカラスの犠牲
現場では5日前に同じ母子がカラスに襲われ、2羽の尊い命が奪われる悲劇があったばかり。近くに滞在するツバメも心を痛め、巣作りの合間に母子が見渡せる電柱に止まったり、ヒュルリと周辺を旋回して、カラスの襲撃を抑止している。また、お母子とは無関係のカルガモも時折初川に駆けつけ、子ガモたちの見守りを始めた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

超速、巣から飛び立つお手柄ツバメ

生まれた直後の動画…IMG_2084

IMG_3767

11羽が元気に泳ぎの練習=5月初め、熱海梅園

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る