【市政】熱海梅園で恒例の梅の実落とし 今年は不作、昨年のわずか2割

1 熱海市は26日、熱海梅園で恒例の梅の実の採取を行った。今年は例年と比べ、実は大きいものの、量が少ないため、ボランティアの手を借りず、市職員12人と業者5人で行った。
課外授業で第一小1年生43人が傘をさして見守る中、梅の木の下にブルーシートを広げ、竹ざおで枝葉を揺すって緑の実を振り落として集めた。収穫量は120キロで昨年(630キロ)を8割以上下回った。
熱海梅園には59種、472本の梅の木が植えられているが、梅干しなどに使える木は「白加賀」「長束」など132本の実梅。今年は裏年(1年おきに交代する現象)に加え、花の開花が2週間以上早く、梅の実が大きくなるのも早かったが、4、5月に強風が吹いて多くが落下したという。
収穫した実は市内の梅干し製造会社「東明」(岸幸宏社長)に販売され、「熱海梅園ブランド」の梅まんじゅうとして来年の梅まつり開催時期に市場に出る。今年は希少価値。
【過去10年の収穫量】
▼2007年(110㌔)△08年(350㌔)▼09年(209㌔)■10年(採取なし)△11年(455㌔)▼12年(425㌔)△13年(520㌔)▼14年(420㌔)△15年(630㌔)▼16年(120㌔)

2 木登り34 実業者6

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る