【市政】早い者勝ち、300万円予算でリフォームしてもらえる市営住宅2戸、入居者募集

「住まうまち」づくりに取り組む熱海市は、6月1日から入居者の希望に沿ってリフォームしてもらえるお得な市営住宅2戸の入居者募集を始めた。市は昨年度から人口増加策のモデル事業としてニトリと連携して市営住宅リフォーム事業(1戸300万円×2戸)をスタート。2年目を迎えた今年度も4月から2戸の募集を行ったが、5月末時点で正式応募がなかったことから、先着順に切り替えた。市内6カ所(緑が丘町、桃山町、泉、相の原、中の、和田木)の市営住宅から希望の空いている部屋を選び、市に300万円の予算内で3DKを2LDKに間取りを変えたり、キッチンやバスを拡充するなどのリフォームをしてもらって入居することができる。設備品などはニトリが協力する。応募期間は7月29日まで。
昨年度は1戸(緑が丘町=笹良ヶ台)の入居が決まった。
◆募集戸数 2戸
◆応募条件 ①入居時に市外に居住②入居後5年以上入居③申込時の世帯員の年齢が満40歳以下
◆応募期間 6月1日~7月29日
◆問い合せ 市観光建設部まちづくり課 建築住宅室 0557(86)6425

間取り 6tu

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る