【文化】信綱祭短歌大会に全国から1446首、「大賞」に野々村学さん

IMG_3158
晩年を熱海で過ごし、熱海の文化発展に貢献した歌人佐佐木綱信を顕彰する「第42回佐佐木信綱祭短歌大会」(「花の心」同実行委員会主催)が11日、起雲閣で開かれた。一般の部480首、小学生の部563首、中学・高校の部403首の計1446首の応募があり、佐佐木信綱大賞、静岡県歌人会賞、凌寒賞などがそれぞれ授与された。
信綱の孫で歌人の佐佐木幸綱さんらが選者を務め、「佐佐木信綱大賞」に野々村学さん(東京)の「多摩川の上に真冬の雲うごき川面は不意に光失う」を選んだ。
また熱海中学吹奏楽部31人による信綱作詞の「夏は着ぬ」「旧熱海中学校歌」が披露され、市内外から集まった約180人が信綱の遺徳を偲んだ。
◇佐佐木信綱 明治5年、三重県生まれ。歌人・国文学者。唱歌「夏は着ぬ」の作詞者。岩波文庫「新訓万葉集」「新古今和歌集」等の編物。昭和12年に第1回文化勲章受賞。昭和19年(72歳)から91歳で没するまで熱海市西山町の「凌寒荘」で過ごした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

FullSizeRender

凌寒荘

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  2. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  3. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  4. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
ページ上部へ戻る