【夏祭り】こがし祭りのお囃子練習始まる 熱海の夏の風物詩

今月14日から3日間行われる来宮神社例大祭を前に1日夜、「熱海こがし祭り・山車コンクール」(15、16日)に参加する市内各町内会の子供たちが「熱海囃子(ばやし)」の稽古を一斉に始めた。午後7時をすぎてようやく日の入りを迎えると、街のあちらこちらから聞こえてくる囃子の音が熱海の暮れかかる空に響き渡った。
今年の当番町は汐見町、東町、銀座町、浜町、友楽町の東部5町で責任当番町は銀座町が務める。銀座町では、本町の子供たちと合同で行い、例大祭祭典委員会の小倉一朗総務部長が指揮して本格的練習をスタートさせた。友楽町でも原芳久さんの指導の下で交代で太鼓をたたき、1年ぶりの稽古に取り組んだ。この日の稽古は小学生低学年が中心だったが、徐々に高学年、中学生も加わり、祭り前日の14日まで続く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

銀座町…動画IMG_3205

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

有楽町…動画IMG_3212

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜町

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  2. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  3. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  4. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
ページ上部へ戻る