【例大祭】浦安の舞、舞姫4人が十二単姿 稽古も本番モード

4人

来宮神社(雨宮盛克宮司)の例大祭(14-16日)で伝統の「浦安の舞」を奉納する4人の舞姫が3日、初めて十二単に身を包み、同神社で本番さながらの稽古を行った。今年の奉仕者は柳下美帆さん(熱海中2年、銀座町)、長田葵さん(同、相の原町)、東由珠さん(同1年、緑が丘町)、屋代悠那さん(同、上宿町)。先月半ばから連日稽古を続けてきたが、鎌倉時代から受け継がれた伝統の衣装は裾も長く、勝手が違う様子。それでも指導する雨宮宮司の姉の貴子さんが適切なアドバイスを送るとすぐに自信を取り戻し、いつもの笑顔が戻った。
例大祭では15、16日に、神社本殿や御旅所などで奉納する。

あっぷ 前 裾

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

顔

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る