【快挙】熱海高校ヨット部の鷲尾大吾コーチ、世界大会で優勝

IMG_3513
ヨットレースのテーザー級プレ世界選手権が23、24日の両日、愛知県蒲郡市の豊田自動織機海陽ヨットハーバーで開かれ、世界の強豪36艇が出場する中、熱海高校OBで同校ヨット部コーチの鷲尾大吾さん(29、函南町)と池田洋平さん(34、千葉市)組が優勝した。本大会は来年7月30日~8月6日に同ハーバーで開かれ、前哨戦を制した同ペアが一躍優勝候補に躍り出た。鷲尾さんは「男子420級」でインターハイ出場する近藤滋君、内田隆太君を指導している。
◇鷲尾大吾さんの話 テーザー級のヨットを操るのは今回が5度目。池田さんとのコンビも初めてで8位入賞を目標にしていた。それがまさか優勝とは…。本大会では世界の強豪が、自艇を持ち込んでくるので今回のようにはいかないが、上位を目指したい。
◆テーザー級 60kg台の軽量な二人乗り競技ヨット。アスリートでない一般の男女、夫婦、親子でも高度なレースが楽しめ、幅広い層に人気がある。安全性を高めるため、透明のセールを使用。
◆世界選手権 2年に一度、ヨーロッパ・北米・オーストラリア・日本の持ち回りで開催され、今回は日本の番。オリンピックのメダリストをはじめ、世界のトップセーラーが出場する。

toppu
鷲尾大吾さん(左、クルー)と池田陽平さん(スキッパー)
IMG_3516
IMG_3517
選手コーチ
熱海高校ヨット部選手とOBコーチ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

ページ上部へ戻る