【開会式】あす4日初島・熱海間「12キロ」団体競泳、30チームが挑戦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
第69回「初島・熱海間団体競泳大会(初島―熱海サンビーチ=約12キロ)」前日の3日、出場30チームの選手や関係者らが出席して開会式が熱海市役所で開かれた。NPO法人熱海市体育協会の杉山誠一理事長のあいさつに続いて、前年優勝の八王子水泳愛好会が斉藤栄市長に優勝旗を返還。連覇を目指す同愛好会の東翔選手が「日ごろの成果を十分に発揮し、全チームがぶじ初島ー熱海間を完泳することを願い、ベストを尽くします」と選手宣誓し、健闘を誓い合った。。
大会は初島港を4日正午にスタート。各チームの泳者3人は10メートル以内にまとまって泳ぎ、4時間の制限時間内でのゴールを目指す。各チームは午後2時過ぎから熱海サンビーチに続々ゴールし、表彰式は午後4時15分から、渚親水公園ムーンテラスで行う。
◆熱海のチーム 昨年10位(2時間55分50秒)に入った熱海中学校水泳部チームが今年も参戦。指揮者=河合秀幸、泳者=北原壮馬(3年)、矢嶋大輝(同)、中野景登(2年)、審判員=古橋卓也。中学生チームは熱海中だけで最年少チーム。ゼッケン10。
◆杉山誠一実行委員長の話 本大会は69回目を迎える歴史と伝統のある大会。風、波、潮の流れ、様々な厳しい自然条件の中で12キロを泳ぐ過酷なレースですが、全員が完泳されるよう期待している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出場30チーム


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歴代の優勝チーム


いとう
昨年大会
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
  2. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  3. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  4. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
ページ上部へ戻る