【観光】さざえ祭りで「縁結び花火」 金と銀のナイアガラが伊豆山海岸彩る

客
晩夏の熱海の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が23、24の両日、伊豆山港であり、伊豆山名物の「金と銀の空中ナイヤガラ」(通称・縁結び花火)など1000発の花火が15分にわたって次々に打ち上げられ、伊豆山海岸の夜空を彩った。特設会場の真正面でズドーンと炸裂する閃光と大輪の花が、来場者たちを圧倒。伊豆山温泉の宿泊施設では、どこの施設からも花火を見ることができ、客室からも歓声が上がった。伊豆山港の花火は立地的に熱海湾よりコンパクトな花火が多いが、打ち上げ場所が近い分だけ迫力、臨場感ともに抜群で人気が高い。時間は23、24日の両日とも午後8時45分から15分。
問い合わせは電話0557-81-2631(伊豆山温泉観光協会)へ。
kinntginn
1 2 3 IMG_5052ss (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る