【経済】伝家の宝刀に陰り? 熱海秋季花火大会、観衆1万3500人  

img_6504ss
img_6510ss-1
今秋唯一の熱海海上花火大会が、敬老の日の19日、熱海湾であった。シルバーウイーク3連休の最終日の誘客につなげようと、スターマインや大空中ナイアガラなど約3千発の花火を打ち上げた。費用はおよそ500万円。昨年度、熱海市は14年ぶりに年間宿泊数が300万人を突破し、308万人を記録した。しかし、今年は5月、6月と連続して宿泊者数の根拠となる入湯税の税額が減少している。この夜の観衆も2万5千人だった前々年の秋、1万8千人だった前年秋を下回り、1万3500人にとどまった。
昨年は箱根山の火山噴火で箱根から熱海へ観光客が流れてきたこと、秋季海上花火大会とリンクしたイベントが今年は渚親水公園で催されなかったこと、やや天候に恵まれなかったことなど考慮すべき点もあるが、いつもは行列が絶えない、熱海駅から熱海サンビーチへ向かう、近道となる坂道も混雑したのはほんの一瞬だけ。一昨年の秋季海上花火大会に比べ、ほぼ半減したのは気になる材料。
◆主催=熱海市ホテル旅館協同組合連合会
◆秋季海上花火大会観衆
2016年9月19日(月・祝)=1万3500人
2015年9月16日(月・祝)=1万8000人
2014年9月15日(月・祝)=2万5000人

2
3
5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る