【文化】熱海サンビーチで薪能、海上を照らす「月の道」幽玄の世界に

%e6%9c%88
満月が創りだす幻想的な「月の道」やかがり火に照らされた特設舞台で能や舞踊、常磐津、はやしなどが演じられる「あたみ海辺の薪能 熱海の森羅万象に捧ぐ」が10月14日夜、熱海サンビーチで開幕した。室生流能楽師・辰巳万次郎さんが「世界で初めて、今宵本邦初公開」と今回の舞台のために作った「海」では、雲間の月が熱海湾を照らす中、辰巳万次郎さんが船に乗って登場。ゆっくりと舞台に降り立ち、新作を演じた。およそ1500人の観光客や市民は、海面を照らすムーンロード、潮騒とともに幽玄の世界に酔いしれた。
%e5%85%a5%e5%a0%b4img_8004ss
%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e6%a8%aa

常磐津「夕月船頭」では、熱海在住の舞踏家花柳あらたさんが、月夜の船頭の風情を舞った。常盤津文字兵衛さんの三味線や囃子が奏でるこの曲は、江戸時代末、花柳流初代家元花柳壽輔が振付をした曲で、大阪の淀川の情景が歌われている。今回は振り付けや衣装を江戸前の粋でいなせな風情で表現した。
%ef%bc%91
%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%90
%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%9f%ef%bc%93
%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%80%e3%83%bc%e3%82%93

オープニングセレモニーでは、斉藤栄市長があいさつ。来宮神社・雨宮盛克宮司が「舞台払いの儀」を執り行い、熱海芸妓が常磐津「熱海名所」「瀬音」「晒女」を披露。たいまつで舞台袖に明かりをともす「火入れの儀」に続いて、能舞台が始まった。
初日は開幕前に市内のフラダンスグループ「ラハラウ・オ・ハレブメ」がステージを飾り、来場者は潮風を受けながらアートな一日を楽しんだ。鑑賞無料。15日も上演する。
◆斉藤栄市長 能舞台は全国にあるが、熱海の舞台は自然一体で最高のエンターテイメントのステージ。今日あらためて熱海は世界に誇る国際観光温泉文化都市なのだなと実感した。
%e5%b8%82%e9%95%b7%e3%81%8a%e7%a5%93%e3%81%84
%e8%8a%b8%e5%a6%93
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
img_7912ss-1img_7938ss
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る