【編集室】春告げるヒマラヤザクラ、まだピンクのツボミ 開花遅れヤキモキ

%e6%9c%a8
熱海市の渚親水公園駐車場で11月21日、早咲きのヒマラヤザクラが淡いピンク色のツボミを膨らませ始めた。ヒマラヤザクラが咲くとメジロが桜の甘い蜜を求めて次々に飛来し、熱海に春の到来を告げる。昨年はちょうどこの日に花を咲かせたが、今年はやや遅れ気味で観光関係者をやきもきさせている。同公園や熱海サンビーチでも紅葉が進み、もうすぐ桜と紅葉のコラボが始まる。
ネパール原産のヒマラヤザクラは1968年、同国のビレンドラ皇太子(当時)から贈られた種が始まり。市が種から若木を育て、市内各所に植栽した。昨年は最初に咲いた市内和田木の月見ヶ丘公園のヒマラヤザクラも今年はまだ開花していない。ヒマラヤザクラは例年、11月下旬に開花し、12月中旬に見ごろを迎える。
◆主なヒマラヤザクラ 渚親水公園(2本)、多賀中学校体育館脇(2本)、さくらの名所散策路(15本)、長浜海浜公園(29本)

%e9%a7%90%e8%bb%8a%e5%a0%b4
%e6%b5%b7%ef%bc%92

%e3%81%b2%e3%81%be%e3%82%89
昨年11月21日撮影したヒマラヤザクラ(渚親水公園駐車場)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る