【社寺】来宮神社で「まゆ玉飾り」作り最盛期、初詣参拝客用に1000本

樹齢2千年の御神木「大楠」で知られる来宮神社(雨宮盛克宮司)で新年の縁起物「まゆ玉」作りが急ピッチで進められている。萩の枝に丁寧に飾り付けられたまゆ玉は家庭や職場にまつることにより、家内安全・商売繁盛の福をもたらすとされる。新年の縁起物として古くから信仰され、正月の参拝者に人気が高い。同神社では、11月初めから4人の巫女が交代でまゆ玉作りを始め、12月25日ごろまでに1000本を用意する。
6色の紅・青・白・黄色・紫、緑は魔よけの色とされ、上新粉に色を付けて練りこんだ玉は福を象徴し、食べることもできる。価格は2000円から1万円。例年正月3が日で完売する。
まゆ玉のほか同神社では、破魔矢、絵馬、土鈴、お守りなど縁起物5万点を用意し、初詣参拝客に備える。
◆まゆ玉 10月に熱海市内で採取した萩の枝にまゆを見立てた5色の玉を取り付け、大黒、えびす、タイ、小番、招き猫、的をまつっている。かつて盛んだった養蚕に由来。大きいものだと1つ仕上げるのに2時間半以上かかる。
◆希少価値 来宮神社では例年、3000個のまゆ玉を用意するが、今年はまゆ玉に適した萩の枝が少なく1000個。リピーターが多く、即完売は必至。

img_6457ss
img_6439ss
巫女の田中美弥さん
img_6451sss
巫女の和田悠那(はるな)さん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る