【市政】南熱海支所、現在地で建て替え かさ上げし屋上に避難タワー

img_6363ss-1
築50年が経過した市役所南熱海支所(消防署南熱海出張所)の建て替えについて、熱海市が事務所機能をかさ上げし、屋上に避難タワー機能を持たせる形で、下多賀の現在地に建設する方針であることが分かった。11月8日、9日の市議会11月定例会で複数の市議の質問に、斉藤栄市長が「津波の問題を解決できれば、現在地が最も利便性が高い。新たな土地購入の必要もなく、財政的に効率が良い」と答えた。同支署は、東海地震など大規模地震に対して耐震性が劣ると診断されており、経営企画部の中田吉則次長は「災害時には南熱海地区の拠点施設となるため、早急な整備が必要」と述べ、市の優先課題と強調した。
市は7月から移転させる可能性も含め、事業費・期間、利便性などを勘案して整備方針を検討してきた。年内に南熱海地区の町内会長に方針を伝え、来年1~2月に地元説明会を開くという。

img_6367ss-1

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る