【社会】子ども食堂「SMAIL熱海寺小屋」スタート シニアにも開放


全国で動きが進む「子ども食堂」の活動が熱海市でも始まった。スマイル熱海(石橋浩美代表)は12月18日、今宮神社で第1回こども食堂「SMAIL熱海寺小屋」を開き、子どもたちにおにぎり、ワンタンスープ、鶏の空揚げ、雪だるまのマシュマロなど6品の食事を提供した。子どもたちに安心して過ごせる居場所をつくり、市民でサポートしようという活動で、地域の団体・商店などから寄せられた食材を、プロの調理師や同団体のスタッフが腕をふるい、100食分を用意した。
石橋代表は「休日に予定がない子ども、熱海に移住し、話し相手がいない子どもや親、一人暮らしの高齢者にもぜひ参加してほしい」と呼びかけ、参加対象を限定せず、子ども食堂とシニア、高齢者の生きがいづくりを併せ持つ、熱海方式の多世代コミュニティー「寺子屋」とした。
今後は月1回のペースで食堂を開き、次回は1月22日。
問い合わせは石橋さん☎080-2633-6718。

写真=泉明寺みずほさん(今宮神社)提供

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る