【歳時記】「小寒」暦の上では冬本番、常春あたみは桜


1月5日は、二十四節気の「小寒(しょうかん)」。暦の上では、寒さが増して、これから2月5日まで冬本番を迎える。ところが熱海市の糸川遊歩道では、あたみ桜が58本中57本が次々に開花し、市民や観光客が一足早い春を楽しんでいる。1月21日からは早咲き日本一”あたみ桜”「糸川桜まつり」が同遊歩道で始まる。
◆小寒(しょうかん) 冬至 から数えて15日目頃、冬至 と大寒の中間。いわゆる「寒の入り」。小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい、寒風と降雪の時節で、寒さが厳しくなる。冬本番。寒稽古や寒中水泳が行われるのは、この「寒」の時季。熱海市でも1月7日に熱海サンビーチで寒中水泳が開かれる。
◆糸川の開花状況(1月4日現在)58本中57本が開花。5分咲き5本、2部咲き18本、1部咲き22本、開花8本。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る