【耐震診断】熱海の大規模建物4施設「倒壊の危険大」 震度6強以上で

静岡県は1月6日、1981年(昭和56年)5月以前の旧耐震基準で建てられた、県内の不特定多数の者が利用する大規模建築物44棟の耐震診断結果を公表した。熱海市内では7施設が対象となり、4施設が震度6強以上の地震で「倒壊・崩壊する危険性が高い」または「倒壊の可能性ある」とされた。このうち、東京資本のホテルチェーンの3施設は耐震改修を計画しているが、市街の老舗ホテル1施設は未定という。
2013年施行の改正耐震改修促進法は、耐震性が十分でない場合、所有者は耐震改修を行うよう努めなければならないと定めている。対象となる大規模建築物は建物の種類によって異なり、ホテル・旅館は階数が3以上かつ5千平方メートル以上。耐震診断の結果の公表は、昨年11月から全国の自治体で始まっているが、耐震不足が判明し、営業を断念する宿泊施設も現れている。
(熱海ネット新聞)

 

◆震度6強以上の地震で「倒壊・崩壊する危険性が高い」とされた熱海市内の施設
・熱海金城館本館(2019年9月、耐震改修工事着工予定)
・熱海ニューフジヤホテル本館(2019年9月、耐震改修工事着工予定)
・熱海玉の湯ホテル(未定)
◆震度6強以上の地震で「倒壊の可能性ある」とされた熱海市内の施設
・ホテル大野屋本館(2019年9月、耐震改修工事着工予定)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る