【文化】伊豆文学賞 ホテルニューアカオで最終審査会


第20回伊豆文学賞の最終審査会が1月10日、熱海市のホテルニューアカオであった。静岡県に縁のある村松友視さん(直木賞受賞)、嵐山光三郎さん(読売文学賞受賞)、太田治子さん(坪田譲治文学賞受賞)が出席し、23都県と海外2カ国から応募があった小説・随筆・紀行213編の中から最終選考に残った10作品について意見を交換。最優秀作品1点(賞金100万円)、優秀賞1点(賞金20万円)、佳作2点(賞金5万円)を選んだ。結果は11日に発表される。
◆村松友視さんの話 今回が20回目の節目の年というところに意味がある。賞が定着し、質の高い、実力のある作品がそろった。静岡、伊豆を描いた内容が成熟している。
◆伊豆文学賞 文学のふるさと伊豆をはじめとする静岡県内の自然や地名、行事、人物、歴史などを題材とした文学作品を公募。川端康成の「伊豆の踊子」や井上靖の「しろばんば」に続く新たな文学作品や人材を見いだそうと1997年から毎年開催。
◆主催 静岡県、伊豆文学フェスティバル実行委員会。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で1人の遺体を発見し…
  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
ページ上部へ戻る