【文化】伊豆文学賞 ホテルニューアカオで最終審査会


第20回伊豆文学賞の最終審査会が1月10日、熱海市のホテルニューアカオであった。静岡県に縁のある村松友視さん(直木賞受賞)、嵐山光三郎さん(読売文学賞受賞)、太田治子さん(坪田譲治文学賞受賞)が出席し、23都県と海外2カ国から応募があった小説・随筆・紀行213編の中から最終選考に残った10作品について意見を交換。最優秀作品1点(賞金100万円)、優秀賞1点(賞金20万円)、佳作2点(賞金5万円)を選んだ。結果は11日に発表される。
◆村松友視さんの話 今回が20回目の節目の年というところに意味がある。賞が定着し、質の高い、実力のある作品がそろった。静岡、伊豆を描いた内容が成熟している。
◆伊豆文学賞 文学のふるさと伊豆をはじめとする静岡県内の自然や地名、行事、人物、歴史などを題材とした文学作品を公募。川端康成の「伊豆の踊子」や井上靖の「しろばんば」に続く新たな文学作品や人材を見いだそうと1997年から毎年開催。
◆主催 静岡県、伊豆文学フェスティバル実行委員会。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る