【社会】宙に浮かぶ房総半島の島々、熱海からくっきり 珍しい「浮島現象」

「数年に1度」とされる強い寒気の影響で、上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込み、今季一番の冷え込みを記録した1月15日。気温が急激に低下することなどの原因で沖合の島が海面に浮かぶように見える「浮島現象」が起こり、熱海市下多賀の小山臨海公園で熱海ネット新聞が写真に収めた。蜃気楼(しんきろう)の一種で、気温が海水温より下がった時に発生する。ご覧のように房総半島の島々が宙に浮かび上がるようにくっきりと見て取れた。こちらも数年に一度。熱海市民でも滅多にお目にかかれない光景。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る