【観光】糸川桜まつり、熱海芸妓「さくらの舞い」で開幕


熱海市の糸川遊歩道で1月21日、第7回「あたみ桜・糸川桜まつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。今年は例年より2週間以上開花が早く、糸川の沿道に植えられた58本のあたみ桜がすべて見ごろに入り、訪れた市民や観光客を喜ばせた。
初日は午後1時からドラゴン橋でオープニングセレモニーを行い、中島幹雄観光協会会長、斉藤栄市長、杉山利勝市議会議長、藤曲敬宏県議らが祝辞を述べた。
舞台では、熱海芸妓の美保さん、小夏さん、静さんがあたみ桜を背景に「越後獅子」「さくらさくら」「さのさ」「園の梅」「元禄花見踊り」「三下がり甚句」の6演目を披露。続いて地元の人気おやじバンド・糸川ベンチャーズが「パイプライン」などのベンチャーズナンバーを響かせた。
新柳橋ではミス熱海桜娘・稲生薫子さんによる桜茶の無料サービス、渚橋には花見を楽しめるように露店ができ、日本最速のお花見宴会でにぎわった。
動画「さくらさくら」の舞IMG_4144
◆あたみ桜・糸川桜まつり(1月21日~2月12日)
1/22(日)・2/5(日)・2/11(土祝)ドラゴン橋にて 10:00~15:00 大道芸(サーカス)
1/28(土)・2/4(土)ドラゴン橋にて 10:00~15:00 大道芸(猿回し)
1/29(日)ドラゴン橋にて 11:00~14:00 旅館組合謝恩デー
2/12(日)ドラゴン橋にて 11:00~/14:00~ バンド演奏「糸川ベンチャーズ」
期間中の土日 10:00~15:00 桜茶サービス
期間中の土日(1/22を除く) 10:00~15:00 お茶サービス
期間中毎日 17:00~23:00 あたみ桜ライトアップ






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る