【社寺】「荒神さん」に防火祈願 下多賀中野「竈(かまど)神社」で厳かに


熱海市下多賀中野の津島神社の別社「竈(かまど)神社」で1月22日、例祭が斎行された。雨宮盛克来宮神社宮司が祝詞を奏上し、渡辺勉総代長をはじめ、氏子、小森高正市議会副議長、地域住民らが参列し、一年間の防火や家内安全を祈った。
竈神社の秘宝「荒神(こうじん)座像」は徳川家綱が4代将軍だった1673年(寛文13)年から祀(まつ)られており、年に1度、例祭の日だけ特別に開帳される。1669年の熱海村大火の4年後で、火除け、厄除けの守護神として344年にわたり、崇敬を受けてきた。同神社は1873年(明治6年)に改称されるまで荒神社と称したことから、地元では今でも「荒神さん」と呼ばれ、親しまれている。ご祭神は「火産霊命(ほむすびのみこと)」。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る