【編集室】日本一の通学路がベール脱ぐ、さくらの名所散策路


熱海市が県立熱海高とJR伊豆多賀駅を結ぶ通学路にするとともに、多賀湾が見渡せる桜の観光名所にしようと工事を進めている「さくらの名所散策路」で1月22日、あたみ桜が見頃を迎えた。散策路は2002年に工事に着手したが、同校寄り342メートルが完成した時点で用地買収が難航し中断。県の協力を得て14年度に工事を再開した。全長760メートルのうち、本年度は残り261メートルの工事を行い、3月1日の同校卒業式に仮開通させる。同月中に供用を開始する。
桜並木には、あたみ桜、ヒマラヤ桜など多くの桜が植栽されているが、これから開通に向け、市が下多賀で花植している桜を植えつけるという。川勝平太静岡県知事は「完成すれば、県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路ができる」。斉藤栄市長も「散策路を通年利用して、南熱海の誘客につなげたい」と期待を寄せている。
(熱海ネット新聞)







 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る