【市政】あたみ桜満開 市がSNSで観光プロモーション


「フェイスブック」や「インスタグラム」で熱海の魅力を伝えるのが誘客に効果的―。熱海市の斉藤栄市長は21日の「あたみ桜・糸川桜まつり」開幕セレモニーで観光客に「SNS(ソーシャル・ネット・ワーク)で熱海の魅力をどんどん発信してください」と呼びかけた。ロケ支援事業「ADさんいらっしゃい」に続く、熱海PRの第二の矢にSNS戦略を打ち出した。
1月23日の糸川遊歩道では、観光客が日本最速で桜が満開を迎えた光景をスマホやデジカメに収め、先を競うように交流サイト「SNS」で全国に発信。熱海は東京駅から新幹線で最短35分。SNSを見て、急ぎ訪れる観光客も少なくない。オジサン族にはなぜかメジロが人気。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る