【市民駅伝】中部Aチーム、大会新で3年連続4度目の総合優勝


第13回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・2キロで開催された。町内会などの部12、一般の部9の計21チームが出場し、2部門でたすきをつないでゴールを目指した。町内会等の部では6選手中5人をしずおか市町対抗駅伝の熱海市代表で固めた中部Aチームが49分6秒=大会新=で3年連続4度目の優勝。総合優勝も果たした。一般の部は東海医療学園ACが初制覇した。
1区で市町対抗駅伝の熱海市代表の秋吉星弥君(泉A、泉中3年)が7分11秒、4区で加藤佳怜さん(同、泉小6年)が5分7秒で区間記録を更新した。
◇チーム成績
【町内会等の部】優勝=中部A(布川大登、太田萌絵、大石真裕、鹿田ほつみ、立見真央、坂本悠真=49分6秒)②多賀A③泉A④中部B⑤西部A⑥東部⑦伊豆山⑧多賀B⑨多賀C⑩西部B⑪ランナーズ⑫泉B
【一般の部】優勝=東海医療学園AC(萩原望夢、黒重木香友、小倉一馬、村田匡啓、末永昴志郎、杉山丈=51分15秒②泉エンジョイランニング③熱海署④熱海高⑤ATM75⑥東海医療学園Bチーム⑦マックスバリュ⑧東海医療学園Aチーム
【特別参加】=RC



総合優勝=中部Aチーム


一般の部優勝の東海医療学園AC

町内等の部準優勝の多賀Aチーム

町内等の3位の泉Aチーム

1区の区間記録を更新した秋吉星弥君(泉A)

4区の区間記録を更新した加藤佳怜さん(泉A)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で1人の遺体を発見し…
  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
ページ上部へ戻る