【スポーツ】声援を背に熱海路を駆け抜ける 市民駅伝ドキュメント

あたみ桜満開の熱海路を市民ランナーが駆け抜ける、第13回熱海市民駅伝競走大会の出発式が1月28日午前8時から市営東駐車場上のサンデッキで行われた。大会に出場する21チームが見守る中、前年優勝の中部Aチームの大石真裕主将(熱海市職員)が優勝旗を返還。伊豆山チームの小松秀汰君が選手宣誓を行った。



その後、選手たちはそれぞれの出場区に向かい、午前9時30分に号砲が鳴り、網代小学校をスタート。県立熱海高校の応援部員が声援を送った。注目の1区はしずおか市町対抗駅伝で活躍した秋吉星弥選手が制し、泉Aが首位に躍り出た。本命視された中部Aは2区で太田萌絵選手が2位からトップに躍り出てそのまま首位をキープ。作戦通り、はしずおか市町対抗駅伝で区間賞を獲得したアンカーの坂本悠真選手(第一小6年)につなぎ、3連覇につなげた。出場した21チームが市内各所で熱戦を展開し、温かい声援が送られた。






午前11時10分から市役所中庭駐車場で閉会式を行い、上位チームや優秀選手を表彰。熱海女性連絡会の会員が、400杯の豚汁の炊き出し、選手や応援に来た人々に振る舞った。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る