【スポーツ】声援を背に熱海路を駆け抜ける 市民駅伝ドキュメント

あたみ桜満開の熱海路を市民ランナーが駆け抜ける、第13回熱海市民駅伝競走大会の出発式が1月28日午前8時から市営東駐車場上のサンデッキで行われた。大会に出場する21チームが見守る中、前年優勝の中部Aチームの大石真裕主将(熱海市職員)が優勝旗を返還。伊豆山チームの小松秀汰君が選手宣誓を行った。



その後、選手たちはそれぞれの出場区に向かい、午前9時30分に号砲が鳴り、網代小学校をスタート。県立熱海高校の応援部員が声援を送った。注目の1区はしずおか市町対抗駅伝で活躍した秋吉星弥選手が制し、泉Aが首位に躍り出た。本命視された中部Aは2区で太田萌絵選手が2位からトップに躍り出てそのまま首位をキープ。作戦通り、はしずおか市町対抗駅伝で区間賞を獲得したアンカーの坂本悠真選手(第一小6年)につなぎ、3連覇につなげた。出場した21チームが市内各所で熱戦を展開し、温かい声援が送られた。






午前11時10分から市役所中庭駐車場で閉会式を行い、上位チームや優秀選手を表彰。熱海女性連絡会の会員が、400杯の豚汁の炊き出し、選手や応援に来た人々に振る舞った。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る