【編集室】本田・ムルコス・パジュサコバ彗星 熱海上空に「ほうき星」

世界的なアマチュア天文家、故本田実氏らが発見した、本田・ムルコス・パジュサコバ彗星(すいせい)が、約5年ぶりに地球に接近している。2月11日ごろ地球に最接近し、ほうきのような長い尾をひくと聞き、熱海ネット新聞は先週末から熱海上空を連日観測してきた。2月10日午前3時過ぎ、尾が長く伸びて輝いていると思われる彗星を写真に収めた。暗く小さくてまだ見づらいが、最接近する11日は明るさが増し、肉眼でも確認できるという。双眼鏡を使えばかなり見えやすくなる。とにもかくにもは明暁は熱海湾の東の空に注目だ!
◆本田・ムルコス・パイドゥシャーコバー彗星 鳥取県出身の世界的なアマチュア天文家である、本田実氏(1913~90年)が1948年12月にチェコ・スロバキア(当時)の天文学者と発見。太陽の周囲を約5年3カ月かけて周回。最接近時には地球から約1200万キロまで近づく。プラズマテイル(ガスの尾)の形がさまざまに変化するのが特徴。今回は発見から13回目の回帰。


白い矢印が彗星、黄色の矢印は明日(11日)未明に見える位置


ほうき星のイメージ=資料写真=

追伸=撮影機材が十分でなく、思うように彗星を撮影できませんでしたが、熱海サンビーチ周辺の夜景はバッチリ!(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る