【文化】リニューアル記念名品展 光琳二大国宝展、2週間で来場3万人突破 

MOA美術館で3月3日まで開かれている特別展「リニューアル記念名品展+杉本博司『海景—ATAMI』」の入館者が2月18日、3万人を突破した。3万人目になったのは、神奈川県伊勢原市の石川菊夫さん(65)、美保子さん(63)夫妻。会社の友人からすごいところだと聞き、今回はじめて来館。国宝「紅白梅図屏風(びょうぶ)」を楽しみに訪れたという。内田篤呉館長から美術館ガイドブックと花の茶屋の食事券の記念品が贈られた。同美術館は約11カ月にわたる大規模改修を終え、2月5日に再開館。1日2000人のペースで入館者を重ね、13日目で3万人を超えた。
写真=MOA美術館

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る