【文化】リニューアル記念名品展、来場7万人達成 1日2千人ペースで来館


MOA美術館で3月14日まで開かれている「リニューアル記念名品展+杉本博司『海景―ATAMI』」展の入館者が3月11日、35日目で7万人を達成した。7万人目になったのは、神奈川県小田原市の公務員吉田正典さん(48)、めぐみさん(47)夫妻と長男龍之介君(18)、二男琳太郎君(11)の家族。11カ月にわたる大改修工事を経て公開された「紅白梅図屏風」を鑑賞に親子4人で訪れたという。ミス熱海「桜娘」永井優里さんから龍之介君に紅白梅図の40分の1レプリカや同美術館のガイドブック、館内「和食・甘味 花の茶屋」のペア食事券が贈られた。
リニューアル前は作品の写真撮影は禁止されていたが、リニューアル後は、世界の他の美術館と同様、フラッシュをたかない撮影については原則自由となり、紅白梅図屏風など人気作品の前では多くの見学者がスマートフォンなどで作品を撮影している。同展は1日2000人ペースで入館者が続いており、熱海梅園の「梅まつり」とツートップで早春の誘客をけん引している。
◆吉田正典さんの話 MOA美術館を訪れるのは3回目だが、リニューアル後は初めて。いいタイミングで来ることができた。紅白梅図屏風をみるのが楽しみです。
◆リニューアル記念名品展 国宝3点を含めた約100点の所蔵名品展と世界的な現代美術作家・杉本博司氏の個展「海景-ATAMI」を開催。3月14日まで。問い合わせは同美術館☎0557-84-2511へ。








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る