【社寺】丹那神社で例祭、熱海の繁栄築いた工事犠牲者67柱を慰霊


丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は4月2日、熱海市福道町の同神社で平成29年度の例祭を開き、東海道線丹那トンネルの工事で犠牲になった67人の霊を慰めた。
例祭では来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、祝詞奏上などに続き、田島会長、齊藤栄市長、藤曲敬宏県議、杉山利勝市議会議長、森延彦函南町長、奥田交治熱海署長、宮原智子JR東日本熱海駅長らが玉串を捧げた。同会名誉会長を務めた仁杉巌元国鉄総裁(故人)に代わって熱海に別荘を持つ久間章生元防衛長官、中村仁西武建設社長らが参列した。
「大楠連」(待井裕晃代表)が2基の神輿で同神社周辺と熱海駅前の平和通り商店街で渡御を行い、熱海囃子笛伶会がお囃子で盛り上げた。近隣の10町内会、子供会によるスーパーボールすくいやポップコーン、菓子、お汁粉の無料配布もあり、大勢の参拝者で賑わった。
(熱海ネット新聞)
◆丹那神社 大正10年4月1日に丹那トンネル東口工事現場で起きた最初の大崩落事故で犠牲になった16人を含め67柱の鎮魂のために建立。当初、国鉄関係者によって例祭が執り行われていたが、民営化の影響で中断。22年前から地域住民で作る奉賛会で挙行されている。


丹那神社奉賛会・田島秀雄会長

中村仁西武建設社長

森延彦函南町長(右)と長澤務函南議長

雨宮盛克宮司

久間章生元防衛長官

齊藤栄市長

杉山利勝市議会議長

藤曲敬宏県議


宮原智子JR東日本熱海駅長

奥田交治熱海警察署長

丹那神社奉賛会・田島秀雄会長

丹那神社奉賛会・川瀬康敬事務局長




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る